» 投稿一覧の記事

本日は憲法記念日。1947年5月3日 現行憲法が施行されました。

憲法の役割は、権力者の暴走を止めるためと言う識者がいます。それは、日本国憲法では国民の権利と義務において義務が3つしかないというところからうかがい知れます。

この権力者の暴走を止めるというのがあまりにも際立ち、憲法改正反対論者は、9条がなくなれば、日本は戦争をする国になって、子供達が戦場に送り出されてします。だから、憲法を改正してはいけないと声高に叫んでいます。

この「〇〇になると戦争する国になるぞ!」という主張は、これまで幾度も登場してきました。

 

60年安保・70年安保・旧日米ガイドライン・防衛費制限撤廃・不沈空母発言・PKO法・おおすみ型輸送艦進水・周辺事態法・有事法制・インド洋給油・イラク派遣・防衛省昇格・海賊対処法・特定秘密法・集団的自衛権・共謀罪・緊急事態法

これらの議論の時、国会前でデモを起こし、「日本は戦争をする国になるぞ!子供達を戦場に送るな!」と訴えていたことは記憶に新しい出来事です。

それで、その主張通り我が国は戦争をしたのでしょうか。そもそも、どの国と戦争をすると思っているのでしょうか。戦争は一国では出来ません。

憲法改正 = 戦争をする国になるぞ!という根拠があるように見せかけた言葉に惑わされていては、しっかりとした憲法の議論は出来ません。

戦争が起きる原因は、私は国益のぶつかり合いだと思っています。

国益とは国が必要としているものですが、これは時代とともに変化をします。水であったり塩であったり資源であったりと。

この奪い合いで戦争が起きてきたことは歴史が語っています。

現代において、これらの摩擦を回避するのは憲法ではなく外交努力です。

憲法と戦争を関連づけるのは、正しい憲法論議を妨げる国民を欺く行為であると私は思っています。

コロナ感染症対策の最前線で活動をしておられる医療従事者の方々をはじめ、その方々を支えていらっしゃるご家族の方や、保険所などの行政職員の方々、更には自宅待機をしたくても出来ない社会の基盤に関わるお仕事に従事なさっていらっしゃる方々全てに、心からの敬意と感謝を申し上げます。

コロナウイルス感染の終息が見えないことで国民の生活は困窮を極め、ご商売をなさられていらっしゃる経営者の方は、いつ再開できるか不安な日々を送っておられる中で、私を含めて公務員は生活費の削減がないことから、給与の削減や特定定額給付金10万円を辞退するべきというご意見があります。

このことについて私見を書きます。

国民が大変な時に、公務員は生活費に不安がないから給与を減額しろという意見には賛同出来ません。

その理由は、公務員も医療従事者並に最前線で戦っているからです。

公務員の現状ですが、保健所が大変なことは市民の皆さんも想像がつくと思いますが、保健所以外でも給付金関係の相談窓口を担当している部署や学校の休校に伴う生徒児童への対応をしている教育委員会。それに福祉施設を管理している福祉局や市民の申請を受け付ける市民課など、事が事だけに業務の影響は市役所全体に及んでいて、多くの職員は休みを返上してフル活動で働いています。

この連休中も市役所の電気は朝早くから夜夜遅くまで消えることはありません。

それが仕事やろと言われる方がいるかもしれません。

しかし、それはあまりにも酷というものです。

公務員も、納税者で日本国民の一人なんです。一般の方と権利は同じはずです。

ですから、給与が減らないからと言われる方は、一度金沢市役所を訪ねてください。そして、彼らの仕事ぶりを見たうえで、意見を言って頂きたいと思います。

ただ、議員や市長・特別職はこの考えに当てはまらないと私は思っています。

なぜなら、政治家はコロナウイルスの一刻も早い終息とコロナによる市民生活を一日でも早く日常に戻すためのあるゆる施策を立案推進する義務があるからです。

そのためには、市民の痛みを感じ、悲痛な叫びを我が事と捉える必要があり、その方法として歳費のカットという身を削る行為は必要だと私は考えています。

現在、金沢市議会では、歳費の2割カット。もしくは政務活動費の3割カット。視察費のカットなどが検討されています。

連休明けには結論が出るだろうと思いますが、いずれにしても、総額1500万円~2000万円の返納となります。

これが市民の痛みを実感するものなのかといえば、ご意見があるところだと思いますが、単なるパフォーマンスにならないように、状況次第では第二弾第三弾と続ける必要があると思っています。

政治家の口約束ほど当てにならないと痛感する出来事を再び経験しました。

このような出来事に直面すると残念な気持ちになります。

仲間を欺き騙し、全てを否定しお世話になったと感謝の言葉もない。

人を騙してはいけません。卑怯なことはしてはいけません。感謝の気持ちを持ちなさい。人としての普遍的な考え方です。

それが信頼している者達の仕業だとしたら、自分の人を見る目の無さに呆れるばかりです。

自分の愚かさを痛感しているところに、龍馬プロジェクト10周年を記念した本が送られてきました。

とは言っても、この本に私も寄稿しましたから100冊買ったものが届いただけです(笑)

この本には、龍馬プロジェクト神谷宗弊会長が選抜した30名のメンバーが寄稿しています。

孤軍奮闘しながら、ふるさとを良くしたい。日本を良くしたい。世界の平和に寄与したいと前に進むことを諦めない姿が書かれています。

文中で一番よく出てくる言葉が「日本」です。

それだけ日本を良くしたいという想いが込められた一冊です。

龍馬プロジェクトを通して、私には家族や友人・支援者に誇れる友がこんなにもいるんだと再認識しました。

政治は一寸先は闇と言いますが

「一灯を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うことなかれ。一灯を頼め」

私の一灯はこの本の中にありました。これからも良き友と活動していきます。

このご縁を繋げてくださった神谷宗弊氏に心から感謝しています。

濃厚接触者の生活

| 投稿一覧 |

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、政府は緊急事態宣言を今晩にも発動するようです。

政府としては苦渋の選択だと思いますが、まずは医療従事者や保険所の方々をはじめ、コロナ対応に尽力されている全ての方々に敬意と感謝を表します。

私が所属しています金沢市議会でも前議長の感染が確認されたことから庁舎全域で消毒作業が行われ、前議長と同じ会派の議員は、濃厚接触者ということで4月17日までの自宅待機が求められました。

私も前議長と同会派なのですが、前議長の席から離れているという理由で、濃厚接触者に認定されませんでした。

それでも、同じ部屋にいましたので、自主的に自宅待機をして毎朝の検温を行っているところです。

この経験から言いますと身近にコロナ感染者が出ると本当に大変だということです。

金沢市は症状が出ない限りPCR検査をしない方針なので、自分が感染しているのか分からず、2週間不安な気持ちで過ごさなければなりません。

一番心配なのは、家族に感染させないかということです。

それゆえに、はっきりとするまでは感染していることを前提に過ごしています。

私の場合、居住空間は寝室と事務所の2部屋のみで、なるべく家族と接触しない。

食事は一緒にしない。

食べ終わった食器は消毒する。

トイレも自分専用で、使用後毒。

入浴は3日に一回程度。使用後消毒。

部屋から出る時は、マスクとゴム手袋をして、触ったところを消毒する。

私は濃厚接触者ではありませんから、この生活を2週間続けなければいけないということはないのですが、濃厚接触者となれば、2週間続けなければいけないわけで、本当にストレスが貯まります。

感染者が一番大変ですが、濃厚接触者もまた大変だということです。

故に、自分が感染者にならないように十分に気をつけて欲しいというのが今回の投稿です。

 

 

2019年を振り返って

| 投稿一覧 |

年齢を重ねる度に、一年の過ぎ去る速さにびっくりします。
東京オリンピックはまだまだ先と思っていたのが、もう来年です。
今年は統一地方選挙の年でしたので、個人的な出来事としては4度目の当選です。
私に期待をかけて投票してくださった方には仕事で恩返しできますよう、来年もしっかりと政務に取り組んでまいります。

全体的な出来事といえば、なんといっても平成天皇の譲位。新天皇の即位です。
令和の年の幕開けとなりました。
令和の時代も我が国が戦火にまみれる事なく平和な日本であって欲しいと願うばかりです。
そんな中、気になるのは日韓関係の悪化。香港のデモ。英国のEU離脱と、直接的間接的に我が国に影響を及ぼす出来事もあり、世界は今後益々混沌とするのではないかと心配をしています。

国内を見ますと、あおり運転。高齢ドライバーによる交通事故が気になります。
どちらも自己中心的で、周りが見えていない。
日本人は繊細で利他の心を持った民族なのに、それが崩れてきたのではととても心配です。
また、京都アニメーション放火事件も心に残っています。
この事件も犯人による自己中心的な考えから起きたものです。
この事件で、京都アニメーションで亡くなられた方を含め、日本のアニメを守ろうと世界中から寄付金が30億円も集まったそうです。
日本のアニメがどれだけ世界に影響を与えていたのかということが分かりました。
亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り致します。

一方で嬉しいニュースもあります。
吉野彰さんのノーベル化学賞の受賞。渋野日向子さんの全英オープンの優勝。八村塁さんのNBA出場など今年も世界で活躍する日本人が現れたことは、我々にどれだけの勇気と希望を与えてくれたことでしょう。
心からの賛辞を送りたいと思います。

令和2年も様々な出来事が起きることでしょうが、ベストを尽くして乗り切りましょう。
そして、来年の今日、良い一年だったと思える年にしましょう。
今年も大変お世話になりました。

ごちゃまぜ

| 投稿一覧 |

前々から気になっていた佛子園さんにようやく訪れることができました。
そこで、B、sプロジェクトを視察してきました。
佛子園さんの歴史は古く戦後間もないころから戦争孤児を引き取り、ご自身の家族を含めお寺で寝泊まりをされていたそうです。
その後、子供の人数が増えたため、社会福祉法人を取得し、児童福祉施設としてスタートしました。その後、地域でのつながりを大切にし、地元の方々が集える空間を作りました。それが温泉です。説明してくださった奥村さんによると温泉はキラーコンテンツです(笑)おっしゃっていました。

その後は、障害児や高齢者も入所し、私が訪れた白山市にある施設では、幼稚園児(0~2歳児)・障害者・高齢者・地元住民が一緒に活動をする施設になっていました。
施設は充実していて、プール・フットネス・そば屋・ハンバーガーショップ・花屋・温泉・お寺・高齢者デイ・放課後児童クラブ・幼稚園・キッチンスタジオとほんとうに「ごちゃまぜ」でした。
このごちゃまぜがひとつづつ主張はしているものの、なんの違和感もなく一体になっているのが、なんとも不思議なところでした。

ここは、ひとことで言うと福祉施設というよりも、村のようでした。
金沢には善隣思想というのがありますが、佛子園さんからも善隣思想を感じました。

食品ロス

| 投稿一覧 |

世界約70億人の中で衣食住が足りている人は5億人だと聞いたことがあります。
すると日本人約1億2000万人ほぼ全員が入っているということになります。
戦後、日本が豊かになったことの象徴の一つかもしれませんが、その一方で食品ロスという問題を生み出しました。
現在、日本の食品ロスは1年間で約642万トン。その内家庭からの食費ロスは約280万トン。とてつもない量になっています。しかも毎年のことです。
いくら日本が豊かになったからといって食べ物を粗末に扱うということは、これまでの日本にはなかったことです。なんていっても「もったいない」の文化ですから。
一人ひとりが気をつけるだけで家庭系食品ロスは大分減ると思いますので、お残しをしないように心がけましょう。

万歳

| 投稿一覧 |

本日、即位礼正殿の義が執り行われました。
民法で生放送がされていたので、私も起立してテレビの前で儀式のご様子を拝見しました。
天皇陛下が国内外に即位を宣言されるお言葉を述べられた後、安倍総理大臣がお慶びの言葉を述べ、その後万歳三唱が行われました。
本当の万歳が出来たと思うと全身に鳥肌が経ちました。

以前、友人から「高岩さん、選挙の時など議員の人はよく万歳!万歳!と叫ぶでしょ。あれ、本当は失礼なことなんですよ。」と言われたことがあります。
どういうことですか?とお聞きしますと、「万歳は天皇陛下に対してのみ使う言葉なんです。」と教えられました。
万歳の語源は、中国皇帝の長寿を願った「千秋万歳」からきたと言われ、意味は、千年万年つまり永遠にという意味だそうです。
それが、日本で天皇陛下の長寿を祝う言葉として「万歳」が定着したらしいのです。
ですから、天皇陛下以外に使う言葉ではないということになります。

万歳の意味を教えて頂いても、慣例的にやらないわけにいかないので、今春の私の選挙の時には「万歳」やってしまいました。
但し、「万歳は天皇陛下の長寿を祝う言葉なので、本来なら不適切になるのですが、恐れ多くも万歳をやらせていただきます。」と前置きをして行いました。
それが、本日、即位礼正殿の義でテレビではありますが、天皇陛下を拝見しながら「万歳」が出来たことに感無量な思いで鳥肌がたったということです。

天皇陛下と皇室の弥栄を心からお祈り致します。

How dare you!

| 投稿一覧 |

グレタ・トゥーンベリさん(16歳)の国連での演説を聞いたでしょうか。
「全てが間違えています」から始まった演説は、彼女の心からの訴えをストレートに表現したものでした。
その言葉は時には激しく時には涙を浮かべながら聴衆に語りかけました。
私はこの演説を聞いて地球温暖化防止について政治家として真剣に向き合ってこなかったことに反省をし、これからできることをやろうと思わせるものでした。

一方で、グレタさんの力のこもった演説の節目節目に拍手が起こるのですが、「フォー」と歓声をあげる者達がいるのが気になりました。
彼女はアーティストではありません。歓声は場違いです。
これまで国連で地球温暖化対策を議論してきた方々なら、彼女の話しを聞いて無力感がこみ上げてしかるべきではないでしょうか。当事者意識の欠如と軽さに残念です。

茹で蛙の話しがありますが、グレタさんはあなた方大人は茹で蛙ですよ。現状の問題を先送りにして自分達の幸せだけを求めている。その結果、私達子供が大人になった時の地球は非常に暮らしにくい世界になっています。いいかげんにしてください!と言っているように聞こえました。
非常に考えさせられる内容に、心が揺さぶられました。

男らしさ女らしさ

| 投稿一覧 |

先日、会合に向かうため近くの駅を利用したのですが、そこでの光景に目を疑いました。
3人組の女子高生がホーム上であぐらをかいてスマホをいじっているのです。
えっ!と思いつつ見ていると、別の3人組の女子高生が現れ、いつものルーティンのようにあぐらをかいて談笑しだしました。そこに今度は4人組の女子高生が現れなんの躊躇もなくあぐらをかいて座りました。
地べたにあぐらをかいて座るのは、私の時代ヤンキーの専売特権だったんですがねぇ(笑)

戦後、GHQの施策で男女平等が叫ばれました。
私は、これに反対の立場なんです。理由は男性と女性は同じではないからです。
同じでないものを同じに扱うと必ず歪が出きます。
しかし、男尊女卑を肯定している訳ではありません。
私が思う男女のあり方は、男は男らしく女は女らしくです。
このようなことを言うと、男性らしくとは何?女性らしくとは何?その考え方が差別だ!と言う方がいるでしょう。私はその方に事実を知ってほしい。女性活躍推進法で女性管理職比率を30%に増やしなさいという目標が立てられました。この比率を重視するが余り、職場の男性からは逆差別だと不満が溜まっている事態になっています。女性だから出世をしたという事例は山ほどあります。
本来管理職に就く基準は、人柄+能力でなければ組織が壊れます。

男らしい男とはどういう男性か。女らしい女とはどういう女性か。
ここを追求すると人柄が良くなり能力が就いてくるのだと思います。

更新カレンダー

2020年7月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ