現職町長が贈収賄で逮捕されました。
町の公共工事の最低制限価格を教える見返りに現金を受け取ったという事件です。とここまではよく耳にする事件ですが、志賀町の事件は他のとはちょっと違って根が深く闇が広がっているようです。

https://www.town.shika.lg.jp/zaisei/nyuusatsu_keiyaku/heisei27_28_bid_application_2_2_3_2_2_2.html

このURLは志賀町の入札情報システムのアドレスです。
これは誰でも見れる志賀町公式HPですのでぜひご覧ください。
ここから入札結果のページに入りますと、これまでの入札結果が見れるのですが
最低制限価格と落札決定価格が同額な工事が数年にわたり、多数見られます。
これを見れば、前町長は他にも情報を漏らしているのではと疑ってしまいます。
また、落札者以外が同額で失格になっている入札結果も多数見られます。これは談合が疑われます。失格者全員同額なんて考えられません。
これらの事から志賀町は最低制限価格の漏洩と談合疑惑に満ちていると疑ってしまいます。ところが、このようなあきらかに不自然な入札結果に対して指摘した議員がいないと聞いています。(役場職員の証言)
一般の町民も疑うほどの入札結果に議員が議会で指摘しないということが同じ議会人として信じられません。
誰でも閲覧できる資料ですから、まさか知らないなんてことはないでしょうし、本当に知らなければ議員として職務怠慢でしょう。
知っていて触れないということは、議員も絡んでいるのかと疑いたくなります。まさか、そんなゲスな町議はいないとなると、知っていて指摘する能力がないのかなと思ってしまいます。
議会は二元代表制の一翼を担う機関として、執行部と議会は車の両輪とも言われますが、能力がない議員で構成された議会では車の両輪どころか補助輪にもなっていません。
志賀町議会が補助輪とは思いたくありませんが、議会で入札制度に対して議論がなされていないことに疑問が残るばかりです。
志賀町議会が行政へのチェック機関として機能が働いていれば、町長の犯罪を未然に防げたかもしれませんし、犯罪者をつくることもなかったかもしれません。
みなさんは、志賀町議会の存在についてどう思いますか?
ご意見をお待ちしています。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


更新カレンダー

2024年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ