シラス国

| 投稿一覧 |

外国に行きますと日本がとても尊敬されていることがよくわかります。

そこで、外国人に日本を説明する時、一言で表せる言葉はないかと常々思っていたところ、「シラス国」という言葉に出会いました。
シラスとは、知らすということです。
人々に情報提供し、それを元に皆で話し合い、決まったことは皆でやるという民主主義の基本のような意味です。
その語源は、アマテラス大御神が国譲りの際、オオクニヌシの命に告げた言葉です。
「汝(な)がうしはける葦原(あしはら)中国(なかつくに)は、我(あ)が御子(みこ)のしらす国と言依(ことよ)さし賜えり」

要訳しますと、「大国主命よ、国づくりに大切なのはシラス国ですよ。」と
大国主命といえば、古事記の英雄でもっとも人気が高い命ですが、そのやり方に苦言を呈し、大国主命はその通りだと納得したし、国譲りを行いました。
大国主命が行っていた国づくりは間違っていたのか。
その国づくりは、ウシハク国だったのです。
ウシハクのうしはける者とは頼りがいがある素晴らしいリーダーを意味します。
素晴らしリーダーがいて何がおかしいとなりますが、素晴らしいリーダーがいつまでも素晴らしいとは限りませんし、独裁者になるかもしれません。
それに次のリーダーも素晴らしいとは限りません。それでは国は永く続きません。

我が国が永く続いているのは、この「シラス国」だからだったのです。
しかし、話し合いをしたからといってまとまるとは限りません。
EUのように国民投票までしたのにまとまりません。
我が国との大きな違いは、天皇陛下の存在です。
天皇陛下はエンペラーでイギリスはキングです。今はクイーンですが。
つまりイギリスはウシハク国なんです。
我が国には、万世一系の天皇陛下がおられるおかげで最後はまとまるのです。
ではなぜ、天皇陛下の存在でまとまるのか。
それは、天皇陛下は祈る存在であり、毎日欠かすことなく天照大神に日本国民の幸せと世界平和を祈ってくださっているのです。
その存在だからこそ、日本国民は天皇陛下を心から慕っているのです。
しかし、昨今天皇陛下の存在を知らない日本国民が多くなりました。
このままでは世は乱れる可能性が出てきたと思っています。
そうならないためにも知らす存在として発信していきます。

更新カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ